ゆずの今日も釣り日和♪
相模湾、主に大磯海岸のボウズ情報をお届けします。
波が高いときの過ごし方♪
今の職場に異動してから釣行回数が著しく減っている「ゆず」でございます♪
土日休みになってしまった上に、今年は週末になると海が荒れてしまうのです。
そんな時は部屋にこもって小物を作るのです!
20190925_064959.jpg
今年はジグの作成じゃなくてシンキングペンシルを作りました。
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
まず、今年はジグじゃなくシンキングペンシルにした理由…。
ジグはね、回るの。
市販のジグもフック外して引いてみると結構回るの。
質量が同じだから仕方ないよね…。

そんな訳で今年はシンキングペンシル!
自作のシンペンでフラットに挑む!(いつもの釣り場に行けないので挑むことすら叶わぬ。)

最初の写真は同じ形に切り抜いたもの。
ウエイトは…出たとこ勝負。

取り付け方法は秘密としとく(笑)
強度度外視で作ってると言うか、ルアーのお腹部分がウエイトになってる。
アイも一体式ではなく分離しているので強度は微妙…。
うっかりブリとか、掛からなきゃ問題ないでしょう。

まず、魚の形に切り出したバルサを更に魚っぽく削って、完成時の形にする。
そのお腹部分を丁寧に切り取る。
切り取った部分を使って型を取ってそこに鉛を流し込む。

その鉛がウエイトになるので結構な重さのものも作成可能!
上部がバルサ、下部が鉛。
バルサの浮力のおかげで回りにくくなるし、ただ巻きでフラフラとロールアクション。

とりあえず今年はこれを量産してみた。
20190629_113833.jpg
これは2個とも38g
上のカラーは1投目で根掛かりして殉職したのは数ヵ月前の話し。

20g、30g、38gで作ってみたけど、どの重さがメインになるかは検証中。
20190629_113843.jpg
右側のは、こないだ浜(磯)の王者をスレ掛けしたヤツ。

シンペン作ってみて思ったのは…ジグより面白い!奥が深い!
重量バランスによってはダートさせるのも可能だし、少し手を加えればヒラ打ちさせる事も!
単にダートさせるだけじゃなくてダート中にヒラ打ちさせたいよね♪
とりあえず、2019年製シンペンはロールアクションのみで来年以降はコイツを少しづつ進化させていこうと思う。

ただ…動きに気を取られるとどんどん軽くなっちゃうんだよね…。
最低20gは確保したい、そんだけ有ればとりあえずフラットには対応出来る筈!
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yuzunokyoumoturibiyo.blog.fc2.com/tb.php/455-3b6eae79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック